麺age

ラーメン、そば、うどんを食べてはageるブログ「めんあげ」。毎日麺食だけど、いつ食べたかは秘密

スポンサードリンク

日高屋「担々麺」

f:id:subcon:20160616154206j:image

○店名:日高屋
○注文:担々麺(580円)
○備考:サービスチケットで大盛り無料
○詳細:

日高屋は「うますぎないラーメンで毎日来てもらう」ことがコンセプトだという。しかし、うまくて毎日通ったこともある。この担々麺を求めて。世間一般のラーメン店では、担々麺はなぜか普通のラーメンメニューよりも割高だ。でも、日高屋の担々麺よりもずっと高くて、味は日高屋以下の担々麺をいやというほど食べてきた。私は、担々麺が好きだ。日高屋の担々麺はたっぷりのった肉味噌を溶かさなくてもすっきりうまく、溶かせば結構辛い。大盛実質無料で580円の担々麺はとってもうれしい限り。温泉卵をトッピングしたり、ライスを追加してもずっといい。いつもスープまで完飲して、またサービス券をもらって、気が向いた時に食べに来るのだ。